多汗症治療はクリニックで医師に相談します

subpage01

多汗症の原因は様々で、原因がはっきりわかっていない場合もありますが、多汗症はクリニックでの多汗症治療で治すことが可能です。



自己ケアではなかなか改善が見込まれない場合はクリニックで治療を受けることが良い選択です。多汗症治療は皮膚科で受けることができ、精神的な原因も考えられるため精神科や心療内科を受診する場合もあります。多汗症治療は、手軽な治療はボトックス注射です。



ボトックスを手のひらや脇の下などに注入します。

ボトックスが作用している間は汗を抑えることができ、治療時間も短く痛みが少ないため気軽にできる治療です。


多くのクリニックで行なわれるのは発汗を促す精神的な不安を取り除くために精神安定剤などの薬物療法があります。



薬物療法は、直接的に発汗を抑制する作用はありませんが、緊張を緩和することができます。


医師によっては漢方薬を利用する場合もあります。

カウンセリングを行なう心身療法は、汗に対する不安などを取り除いて交感神経の働きを正常に戻して行きます。
多汗症は精神的な原因が考えられるため、個人差はありますが心身療法で効果がある場合もあります。手術することもあります。

手術での治療は交感神経をブロックしたり、交感神経を遮断する方法で、傷口が小さく体への負担も少なく手術時間も短いものです。手術では気になる部分の発汗は抑えられますが、他の部分から代謝性発汗がある場合があるため、手術する場合には事前に医師によく相談することが大切です。
多汗症で悩んでいる場合にはクリニックを受診することが悩みを解消する近道です。

多汗症になる原因は様々で医師による判断が大切で、安易に手術を決断せずにまずは医師に状況を相談することが良い選択です。